TAILOR TOYO / 東洋テーラー : WHITE DRAGON×LANDSCAPE 【ジャーナルスタンダード/JOURNAL STANDARD】 アウター ブルゾン・ジャンパー* 戦後、米兵の土産物として作られたスーベニアジャケット(スカジャン)は高級感を持たせる為に、・・ アイルミネ 240309-14217000155 i LUMINE メンズ ネットで通販


【ジャーナルスタンダード/JOURNAL STANDARD】
TAILOR TOYO / 東洋テーラー : WHITE DRAGON×LANDSCAPE
アウター ブルゾン・ジャンパー
ケータイ&iPhone・Android・スマホ&PCで通販
入口はこちら


完売必須のTAILOR TOYOのスーベニアジャケットが登場!スカジャンを筆頭に注目を集める、刺繍アイテム。戦後、米兵の土産物として作られたスーベニアジャケット(スカジャン)は高級感を持たせる為に、人工シルクの異名を持つ、アセテート生地を使用。色鮮やかなグリーンの雰囲気が魅力的な表面の背中のホワイト刺繍で施された龍のジャンパーと呼ばれていたスカジャンには米兵が好むオリエンタルな柄が人気を博していた。また裏面の背中の日本の風景がデザインされた古風な雰囲気が特徴的。今回は裏面を同じ雰囲気にならないようにカラフルなカラーを使用し全体感で遊び心を取り入れたモデルにアップグレード致しました。【TAILOR TOYO】 「スカジャン」とは戦後間もない頃に日本駐留の米兵達が、 その記念に鷲・虎・龍など、自分たちの 所属していた部隊や基地などを自分たちのジャケットに刺繍したのが始まりです。スカジャンの歴史の中でベトナム戦争(60?75年終戦)の時に作られたもの、SAIGON、HANOIなどベトナムの地名や地図や部隊がモチーフになったスカジャンの事をベトジャンと呼びます。 当時、このスカジャンを初めとした衣料品を米軍基地へ納入していたのが、 東洋テイラーの前身である「港商商会」であり、 スカジャン生産全盛期の1950年代には、納入シェアの95パーセントを占めるほどでした。 また、港商が納入していた衣料品にはアロハシャツも含まれていましたが、 柄には「鷲・虎・龍」をモチーフにしたオリエンタルな柄なども含まれており、 スカジャンやアロハシャツは日本特有のデザインが特徴です。※取り扱いについては、商品についている洗濯表示タグをご確認下さい。※店頭及び屋外での撮影画像は、光の当たり具合で色味が違って見える場合があります。 ※商品の色味は、スタジオ撮影の画像をご参照ください。※着丈、袖丈は共にリブ5cmを含む表記となっております。モデルサイズ:身長:181cm バスト:89cm ウェスト:73cm ヒップ:90cm 着用サイズ:L ジャーナルスタンダード/JOURNAL STANDARD JOURNAL STANDARD|アウター|ブルゾン・スタジャン
i LUMINE 240309-14217000155
アイルミネ
メンズ